特殊車両通行許可申請サポートセンター|仙台市青葉区

迅速・丁寧な対応、地域最安値(仙台市青葉区)、初回相談無料

ヒアリングの重要性について Vol.2

こんにちは!特車サポートセンターの代表行政書士の針生(はりう)です。
今回も引き続きヒアリングの重要性についてお話しします。
お客様との面談の際のヒアリングの精度が申請書の完成度に大きく影響することは
前回お伝えしました。そこでヒアリングの際に必要な重要な情報について具体的に
見ていきましょう。
1.車種
まず何より重要なのは「車種」です。申請書は車種ごとに作成するため、車種の種類に
よって申請書を何通作成するかが変わってくるので、ヒアリングの際には、申請しよう
とする車両の全ての車検証のコピーをご用意ください。

車種、通行経路、積載貨物および通行期間が同じである場合は、何台でも包括申請で1通の申請書作成で済むので、費用を抑えることができます(但し、台数により追加料金は発生しますが、別申請よりはだいぶお得になります!)。

例えば、申請車両がトラッククレーンのような単車3台で、上記の条件を充たし包括申請できる場合は、当センターへ支払うサービス料金は、税込27,500円となります。
内訳:16.500円+台数追加料金5.500円×2台=27,500円(税込)

同じく単車3台の場合でも、1台だけ車種等が異なり包括申請できない場合のサービス料金は、33,000円(税混)となります。
内訳:16,500円+台数追加料金5500円×1台=22,000円(税込)+追加申請11,000円(税込)=33,000円(税込)となります。

以上のように、車種が同じかどうかにより包括申請出来るか、包括申請できない車両の追加申請が必要となるかが決まりますので、まずは車検証での車種の確認が重要になってくるのです。
それでは、続きはまた次回に!
 
2021年02月08日 10:47

特殊車両通行許可申請サポートセンター

あすか行政書士事務所 運営

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目14−30ラポール錦町207

tel.022-355-6333

営業時間 9:30〜17:00
定休日 土・日・祝日

事務所概要はこちら

最新情報(特車ブログ)

モバイルサイト

特殊車両通行許可申請サポートセンタースマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら