特殊車両通行許可申請サポートセンター|仙台市青葉区

迅速・丁寧な対応、地域最安値(仙台市青葉区)、初回相談無料

申請の流れ・FAQ

申請の流れ

お問い合わせ/ご相談

1.お問い合わせ/ご相談

お問い合わせフォーム、もしくは、お電話にてお問い合わせください。
お客様のご都合の良い日時・場所にて初回のご相談を設定いたします。

  • 初回ご相談は無料です。(ただし、仙台市以外の場合は出張料をいただく場合があります)
お問い合わせはこちら

電話番号:022-355-6333
(あすか行政書士事務所にて受付しております。)

フォームでのお問い合わせはこちら
 
ヒアリング(初回のご相談)

2.ヒアリング(初回のご相談)

お客様のご要望の詳細(経路・申請車両等)や状況などを詳しくお聞きします。
☆ヒアリングにおけるポイントの説明はこちらの「ヒアリングの重要性についてVol.1~Vol.3」をご覧ください
➡ お知らせ<ヒアリングの重要性について>

  • お客様のご要望に沿いつつ、できるだけ個別協議が少なくて、C、D条件が付かない経路をご提案させていただきます。
 
お見積もり

3.お見積もり

初回のご相談でお聞きした内容をもとに、お見積もり金額を提示いたします。

 
お申し込み・お支払い

4.お申し込み・お支払い

お見積もり金額にご納得いただけましたら、お申し込みとなります。

 
書類の収集・作成

5.書類の収集・作成

申請書類の作成は当サポートセンターが作成いたします。

 
申請代行・報酬のお支払い

6.申請代行・報酬のお支払い

必要な書類のご準備ができましたら、お客様に内容をご確認いただきます。
内容にご納得いただけましたら当サポートセンターのサービス料金を指定口座にお振込みいただきます。
入金を確認次第、速やかに当サポートセンターにて申請いたします。

 
申請手数料のお支払い

7.申請手数料のお支払い

行政機関から手数料の請求がありますので、お客様からお支払いをしていただきます。

 
許可証取得完了

8.許可証取得完了

許可証が発行できましたら、当サポートセンターで受け取り、お客様へ速やかにお送りします。

  • 申請にかかる期間はこちらをご確認ください。

よくあるご質問

  • 特殊車両の申請が必要かわからないので、確認してほしい。
  • 特殊車両の申請が必要かどうか当サポートセンターでお調べいたします。
    ①車両及び
    ②積載物の情報
    をお知らせください。
    詳細は「対象となる車両」をご確認ください。
  • 通行許可の有効期間は?
  • 一般的には2年間ですが、条件等によっては1年以下の場合もあります。
  • 許可がおりるまでの期間はどのぐらいですか。
  • 標準処理期間は3週間です。ただし、行政機関の混み具合により1か月以上かかる場合もありますので、早めの許可申請をおすすめします。
  • 普通申請、包括申請とはどういうものですか?
  • 包括申請とは、申請車両台数が2台以上の申請をいいます。ただし、車種、通行経路、積載貨物および通行期間が同じものでなければなりません。例えば、申請車両台数が3台の場合において、車種が異なる等の理由で包括申請できない車両が1台ある場合は包括申請(2台)と普通申請(1台)の2つの申請が必要になります。
  • 許可の際の通行条件とはどのようなものですか?
  • 通行条件はA、B、C、Dの4種類あります。
    • A条件→特別な条件を付さない。
    • B条件→徐行、連行禁止を条件とする。
      • 連行禁止とは2台以上の特殊車両が縦列をなして同時に橋、高架の道路等の同一径間を渡ることを禁止する措置をいいます。
    • C条件→徐行、連行禁止及び当該車両の前後に「誘導車」を配置することを条件とする。
    • D条件→徐行、連行禁止及び当該車両の前後に「誘導車」を配置し、かつ2車線内に他車が通行しない状態で通行することを条件とする。道路管理者が別途指示する場合はその条件も付加する。※その他として通行時間帯(夜間通行限定)の条件が付く場合があります。
    ◎ポイント!→なるべくC及びD条件がつかない経路を選択するのが良いでしょう。

お問い合わせはこちら

特殊車両通行許可申請サポートセンター

あすか行政書士事務所 運営

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目14−30ラポール錦町207

tel.022-355-6333

営業時間 9:30〜17:00
定休日 土・日・祝日

事務所概要はこちら

最新情報(特車ブログ)

モバイルサイト

特殊車両通行許可申請サポートセンタースマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら