特殊車両通行許可申請サポートセンター|仙台市青葉区

迅速・丁寧な対応、地域最安値(仙台市青葉区)、初回相談無料

特殊車両通行許可とは

対象となる車両

特殊な車両とは

車両の構造が特殊である車両、あるいは輸送する貨物が特殊な車両で、幅、長さ、高さおよび総重量のいずれかの一般的制限値を超えたり、橋、高架の道路、トンネル等で総重量、高さのいずれかの制限値を超える車両を「特殊な車両」といい、道路を通行するには特殊車両通行許可が必要になります。

(道路法第47条の2)

1.一般的制限値とは

道路は一定の構造基準により造られています。そのため、道路法では道路の構造を守り、交通の危険を防ぐため、道路を通行する車両の大きさや重さの最高限度を次のとおり定めています。この最高限度のことを「一般的制限値」といいます。

(道路法第47条1項、車両制限令第3条)

車両の諸元 一般的制限値(最高限度)
2.5m
長さ 12.0m
高さ 3.8m
重さ 総重量 20.0t
軸重 10.0t
隣接軸重 18.0t:隣り合う車軸の軸距が1.8m未満
19.0t:隣り合う車軸の軸距が1.3m以上かつ隣り合う車軸の軸重がいずれも9.5t 以下
20.0t:隣り合う車軸の軸距が1.8m以上
輪荷重 5.0t
最小回転半径 12.0m

ここでいう車両とは、人が乗車し、または貨物が積載されている場合にはその状態におけるものをいい、他の車両をけん引している場合にはこのけん引されている車両を含みます。

(車両制限令第2条)

出典:関東地方整備局ホームページ
https://www.ktr.mlit.go.jp/road/sinsei/road_sinsei00000007.html

2.車両の構造が特殊な車両

車両の構造が特殊なため一般的制限値のいずれかが超える車両です。トラッククレーン
等自走式建設機械、トレーラー連結車などです。
単車:トラッククレーン

特例5車種
  • フルトレーラ連結車については、トラックおよびトレーラの双方が同一の種類の車両である必要はなく、それぞれが1~5に該当すればよい。

追加3車種
貨物の落下を防止するために十分な強度のあおりなどや固縛装置を有していなければいけません。

その他

出典:関東地方整備局ホームページ(https://www.ktr.mlit.go.jp/road/sinsei/road_sinsei00000011.html
(イラスト出典:特殊車両通行ハンドブック2019)

手続きの注意点

許可の際に、その通行に対して条件を付されることがあります。経路内に「C条件」がある場合は、徐行、連行禁止、前後に誘導車を配置する必要があります。さらに「D条件」がある場合は、C条件より条件が厳しくなりますので、なるべくC、D条件がつかない経路になるようにお客様と十分打ち合わせを行います。

許可証について

通行許可の有効期間は一般的には2年間ですが、条件等によっては1年以下の場合もあります。

更新申請について

上記の通り、通行許可の有効期間は一般的には2年間です。
この期間を過ぎて許可を継続するには、特殊車両通行許可の更新をする必要があります。
更新手続きは、許可の有効期間が終わる前に申請をしなくてはいけません。もし、有効期間が過ぎてから申請をした場合、その申請は新規申請と同じ扱いになってしまいます。
当サポートセンターで許可申請されたお客様へは有効期間満了前にこちらから更新のご連絡を差し上げます。それ以外のお客様の場合は、許可申請時のデータ等をご用意いただければ、当サポートセンターで更新申請をいたします。

お問い合わせはこちら

特殊車両通行許可申請サポートセンター

あすか行政書士事務所 運営

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目14−30ラポール錦町207

tel.022-355-6333

営業時間 9:30〜17:00
定休日 土・日・祝日

事務所概要はこちら

最新情報(特車ブログ)

モバイルサイト

特殊車両通行許可申請サポートセンタースマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら